読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・カチンコ日記2

根無し草男の映像日記

なんのタメか、なんのタメなのか。

日記・コラム・つぶやき

2017年3月1日

ども。長谷巌一郎です。
最近は仕事が忙しいせいか
合間合間の時間で色々なことを考えます。

ね、忙しい時ほど考え事って進むでしょ?
それだよ、それ。

で、僕とはあまり関係の無い、
いや、あるんだけど、比較的遠い話しなんだけど
固有名詞を使うと色々な問題になるので…結論から。

「自分に置き換えたら、同じような判断するんじゃないの?」

相手が政治家・公人ならとも思うんですが
そんなんじゃない。
誰も、その人の自由に口出すべきじゃない。
なるほど、そういう判断をしたか。と思えば良いだけ。

と、思うわけ。

その判断が正しいか間違っているか、
僕はこう思う、私はこう思うという「意見」なら有りかもしれない。
が、しかし、ただの「罵詈雑言」なら言うべきじゃない。

思ったことをすぐに口にしたり書いたりできる世の中だから
だからこそ、言う前に、書く前に、ふと立ち止まって考えてみよう。

つーか、僕はまさに、人の振り見て我が振り直せで考えたこと。


自重、自重。

でも、言うべき時、言うべき事は言うように。
難しいけど、難しいからこそ挑戦すべきこと。


さて、まだある。
最近、子供と話しをしていて仕事ってなんだろうと思ったこと。

僕の仕事は「演出家」というすごく不透明な仕事だ。
企画を考えたり、台本を書いたり、撮影時に俳優部に芝居をつけたり、
衣装や小道具、CGやアニメーションのことまで考えたり、
企業のあり方や指導方法、教育や啓発、
大学の先生や専門家へのインタビューと書ききれない。

いや、厳密に言うとこれらは演出家の仕事ではない。

「様々な情報をインプットして、ベストなアウトプットをする」

これが演出家の仕事だと考えています。
だから、インプットの作業が書ききれないのは当たり前なんです。
適切なアウトプットをするために膨大な情報を飲み込むんです。

いえ、これって演出家の仕事だけじゃないんですよね。

電車の中でふと思ったんです。

これって、全ての仕事に当てはまるんじゃ?って。

ベストなアウトプットを要求しない仕事って無いんじゃないの?って。


例えば営業職。
自社の情報やお客さまの情報をインプットして、
お客さまへベストなアウトプット(販売や受注)をする。
トラックドライバーだって
積み荷の情報や道路事情などの情報をインプットして、
正確に迅速に商品を運ぶ(アウトプット)する。

そう考えると、仕事ができるようになることって
インプットの効率的な方法だったり、整理方法だったりで
ほぼほぼそれで50%の仕事は完遂するってことなのかもしれないって。

そうか!
だから、正しい勉強方法って大事なんだ!
勉強というインプットを効率的に行い、
テストなどでベストなアウトプットをする。

そうか、これなんだと。

よし、息子にはこれで理解させよう。

電車に揺られながら、いつしか子供の教育方法に考えが動いた瞬間でした。


ふう。


じゃ!

書いては消し、書いては消し、で、書かない。

日記・コラム・つぶやき

2017年2月9日

なんか色々書こうと思って
結構な量書いたんだけど全部消しました。

色々有りすぎなんだよね。


じゃ。

 

 

はせ

充実の兆し

ディレクション 日記・コラム・つぶやき

2017年1月17日

みなさん、あけましておめでとうございます。

新・カチンコ日記2 長谷 巌一郎です。
いかがお過ごしですか?
私はぼちぼちな毎日を過ごしていますよ。

さて、年末から年始にかけては
まるで休みがなく働いていました。
(まあ、半分は遊びなんですがね)

で、年末に書き上げた脚本の撮影が年明け早々にありまして、
ちょうど日曜日に終了したところです。
で、すぐにでも編集開始ってところなんですが

編集に取り掛かる前に別件の企画を進めることに。

久しぶりに企画コンテを描きます。

 

いや、もう書き上げました。

今日が締め切りだったんですが

昨日の夜に書き上げて、
朝、修正のメールがきてて、

お昼前に修正も終わらせて、

今、喫茶店でくつろいでいる訳です。

 

この打ち合わせ時にプロデューサーから

一昨日までに撮影したデータを貰って、

うん、明日くらいから編集しようかなと。

締め切りはいつだろう、、、知らない。

 

そんなアバウトな感じの中、

昨日、また、新しい案件が飛び込んで来ました。

かなり前に数回仕事をした方からの連絡でした。

まあ、半分はFacebookのおかげかもしれません。

離れていようとも、

友達の知り合いの仲間の 今を知ることができるFacebook

 

僕が人知れず助監督から監督になったことや

VPを撮っていることや映画を撮ったことなど

あまり多くを説明せずとも伝わってくれています。

 

これが案外厄介だったりすることも多いのですが

今回はとても良い方向に転がってくれたようです。

SNS万歳ですね。

 

 

そんな訳で充実した日々が過ごせそうな予感で

寒くて悪寒がする感じでございます。

 

f:id:hasegen:20170117151205j:image

 

※拙作映画「サンタクロースズ」DVDをお買い上げ頂いた方

 大変ありがとうございます。

 色々な意見もあるとは思いますが、

 見てくれただけでも嬉しいですありがとうございます。

 

 次回作、、、も撮りたいとは思っていますが

 思っているだけでは何も進まないのは

 どんな業界でも同じです。頑張ります。

 

 

とはいえ、今は、VP。

まずは目の前のことを確実に着実に。

 

 

じゃ。

 

 

長谷 巌一郎

 

サンタクロースズ!!

日記・コラム・つぶやき

2016年12月14日

もうご予約はお済みですか?

映画「サンタクロースズ」

12月21日発売です。

ちょうど、クリスマスの良い時期に発売となっております。
きっと発売日に届いたりするととっても良い感じだと思います。

どうぞよろしくお願いします。

映画「サンタクロースズ」

脚本・監督 長谷巌一郎

12月21日発売です。

サンタクロースズDVD発売決定 12/21

2016年11月7日
ども、長谷巌一郎です。

 

お知らせです。
来る12月21日、拙作 映画「サンタクロースズ」の
DVDが発売される運びとなりました。

Amazon楽天等でも予約が出来るほか
製作会社であるMIRAIピクチャーズジャパンのHPからも
直接購入が可能です。

もしよろしければご覧ください。

また、私個人的に予約代行も承っています。
僕が直接製作会社からDVDを受取り
予約して頂いた方にお渡しします。

予約特典は、、、サイン?僕の?握手?

コマが良い人はコマがいいと事前に言ってください。
※新・カチンコ日記2を見ました。
 ベーゴマ付きDVDをお願いします。
 と直接僕に言ってください。
 一回目は嫌だと言いますので二回言ってください。
 二回言ってくれたらOKしますので。(めんどくさいやり取り)

※コマ付きは終了しました!

定価は4000円くらいでAmazonだと3000円くらいで販売してます。

            

僕からだといくらになるかはまだ未定です。

うーん。

それでも良いと言う方だけよろしくお願いします。


はせ

力不足。

2016年10月28日
ここまでの力不足を感じたことはマレだ。

 

何も出来ない、やらせて貰えないのだ。

 

最も触れたいハズの人間なのに

触れることを許されておらず、

いや、知らされてもおらず。

 

ギリギリになって

もうこれしかないから、

これでOKして、

 

いや、OKしろ。

 

いやいや、そもそもお前に聞いてない。

 

そんな感じだ。

 

悲しいを通り越して、怒りも過ぎて、

諦めに入ってしまう。

 

 

それが狙いか!

 

 

くそぅ、悪の組織め!

 

 

負けないぞ!闘うぞ!

 

 

お、俺は、やるぞ!

 

 

 

まだ、間に合う(ハズ)

 

 

 

後…

 

 

 

 

じゃ。

VPとゴジラ。

2016年10月12日
もうだいぶ前に観たんだが「シン・ゴジラ」について

メモ的なものを残しておきたい。

 

少し話しはズレるが、

僕の仕事は映像演出ですが

主な内容は企業VP・教育・啓発ビデオです。

 

つまり、エンターテイメントとは真逆に近い内容ですね。

 

しかし、僕は真逆かと思われるVPにおいて

少しでも面白く見せたい、20分苦痛だった…とは思われたくない

勉強のつもりが魅入ってしまったよとか、

そんな風な演出を心がけている(つもりです)

とはいえ、やはり沢山の、様々な制約や制限があるのも事実です。

その中で精一杯エンターテイメントを心がけています。

勉強だってエンターテイメントになる!それが僕の信条です。

オフィスと会議室しか場面展開がなくても、、、

いや、廊下がある!そうだ、トイレはどうだろう!と

色々なことにトライしています。

 

 

そこで、先日観た「シン・ゴジラ」です。

 

圧倒的でした。

面白かったです。

 

で、僕は途中でハッと気が付いてしまったんです。

この映画の主な場面は、

ゴジラ登場と会議室の2つじゃないか!と。

 

これは、僕らが作っている教育VPや啓発VPなどと

似た構成になっていると感じたんです。

 

いや、全く違うよと思われる方々も多いとは思いますが

少なくても僕はそう感じたのです。

そして、恐らく、今後の自分の仕事にも影響を与えると思います。

 

正直、こんな風に会議を撮ったか!

まだまだ会議風景はやりようがある、もう無いなんてありえない!

 

と、ある種の希望でもありましたし、

すでにやられている以上、それは絶望でもあります。

 

そんな事を考えながら観ていたら

号泣していました。

 

 

情けないですね。

 

 

でも、面白い映画でした。

 

 

僕にとって

とてもとても影響のある映画でもあります。

 

早く次の作品が撮りたくなってきました。

 

 

難しいものをいかに簡単に。

簡単なものは、丁寧に楽しく。

 

まだまだVPの可能性は大きい。

 

 

じゃ。