読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・カチンコ日記2

根無し草男の映像日記

少しだけ不安。

2014年4月15日
少しだけ不安なことがある。

今後のこと? いや、そうだけど違う。
老後の心配? いや、そうなんだけど違うって。
未来のこと? いやいやいや、違うって言ってるじゃないの。

と、まあ、未来の心配などしても
未来は未定、予定は未定な長谷巌一郎です。

で、何が不安かって?
そうなんです、ベーゴマのことなんです。
いや、うん、カチンコ日記なんだから映像の話しかと思うでしょ?
違うんです、遊びの話しです。
だって、カテゴリーは日記ですからね。

話しを戻すとさ、
まあ、地域で子どもたちのために昔遊びだこのやろーって感じで
毎月日曜日とかにベーゴマ道場やったりしてるんだけどね、
ここに至るまでの経緯とかさ、色々あった訳よ。
色々つってもさ、いかにおっさん達に
ベーゴマの楽しさを植えつけたっていうかね。

まあ、あれよあれよと言う間だった訳さ。

気がつけば総勢で50名近くのクラブに成長した。


で、ここに来て、ふと、あれ?って思ったの
つーかさ、いいの?って不安に持ったの。

いや、僕が言い出しっぺみたいなもんだけど
のめり込み過ぎじゃない?って人もいるし
人が変わったようだ!と言われる方もいる。

地域の子どもたちと触れ合うことができ
また、高齢者との関係も友好に保つことが出来る。
女性も男性も、大人も子どもも全員が
同じ床で勝負することが出来る、
会話することができる。

こんなに楽しい遊びは
あんまり無い。

その部分については
かなり自信を持っているんだけど
なんか、もう後戻り出来ないよ?って、
僕は戻らないからいいけどさ、
皆も戻らなくていいの?いいのね?
って聞きたくなることもある。

愚問かもしれないね。


でも、少しだけ不安。

数年経ってみたら
僕だけだったらどうしようって思う時もある。

それでもいい。

息子や娘がベーゴマから卒業しちゃって
寂しくなる時も来るだろう

他の子どもたちのために時間を割かなくてはならなくて
息子や娘に迷惑をかけることもあるだろう。
でも、それも仕方がない。



僕がこの仕事を選んだと同じように
ベーゴマも僕が選んだ道だと思うようになった。

ただの遊びが、遊びだけでなくなった。





今、ちょうど、子どもたちに向けての
ビデオ作品を準備していることもあるので
子どもたちを見る目に変化があるような気がしている。

と、ここまで書いてたら
少しだけの不安は全て消えた。



よし、皆、行くとこまで行くぜ。
死ぬまでベーゴマやろうぜ。

死ぬまで仕事するぜ。

死ぬまで行きてやるぜ。



じゃ。