読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・カチンコ日記2

根無し草男の映像日記

種を蒔き、芽が出て、葉をつけ、花が咲くのだ。

1月3日
今日で三が日終わりですね。

ども、はせげんいちろう です。

今日もね、起きたら昼でした。
ええ、すいません、正月ってなもんです。

あ、でも、ちょこちょこと仕事的なことはやってますし
考えてますので、
全く何もやってねーよコイツではありません。


で、昨晩、
友人から誘われたこともありまして
六本木ヒルズに行ってきました。

何をしに六本木ヒルズに行ったかと言いますと
うん、やっぱりね、うん、ベーゴマ。

ベーゴマを回しに行きました。



題して[六本木ヒルズのお正月]っていうイベントだったんだけど
そこにベーゴマコーナーが設けられてあって、
色々な方がやってきては、
ベーゴマを教わって回したり、回したり。

回せる人同士で対戦したり、対戦したり、ね。


で、今日は対戦!ではなくて、
ミニ床(とこ)と呼ばれる小さいベーゴマを回す台に挑戦していた。

みっちりと1時間以上。



大きさは色々あるんだけど
ちょっと大きめサイズで5、6センチかなぁ
中くらいで3センチほどで、
更に小さいと1センチ、
小指の先ほどしかない。

1


ここにベーゴマを投げ入れて回す。
写真は以前、こいち祭りで撮ったものですが
今日、挑戦していたのと同じものです。


これがもう、不可能を可能にする的な
なんとも気持ちを高揚させるチャレンジなんです。


僕は5、6センチの床には
割りと悩まずに入れられるんですが
その先、3センチ位からは…
結構、苦労します。

Img_1007

この写真で回っているのは
正真正銘、僕のコマなんだけど
証明する手立てはありません。

ま、コマ自体は2センチちょいなので
このミニ床の大きさも3センチよりもっと大きいかな?



でも、まあ、僕としては
小指の先の床にいつかは乗せたいなぁって



あ、なんだか変な感じですね。








仕事以外で目標を持つっていうのも良いもんです。

それに、来月から
ピカピカベーゴマ加工教室っていうのもありまして、
これにも、息子と一緒に参加します。
かなり大変な作業らしいので、
小学校三年の息子がどこまで根性があるか…


簡単にやり遂げてしまうような気もするし、
簡単にあきらめてしまうような気もする。


親としては複雑な心境でもあります。









さて、今日は、一日がずっとベーゴマでした。


帰宅の道すがら
100円ショップに立ち寄りまして
カラーリング用のマニュキュアと
娘も最近ベーゴマを回せるようになりまして…
娘専用のベーゴマ収納箱を買いました。

Img_1016

左から息子のベーゴマケース
真ん中が娘のベーゴマケース
右が僕のベーゴマケースです。

ちらりと見える白いものは
湿気を取るやつです。
お菓子とに入っていたやつを
そのまま流用してます。

ベーゴマは鉄の塊なので
湿気の対策をやっておかないと
少し触っていないとサビてしまうんです。




さて、これで一応三人でお揃いになりました。


あんまり娘は燃えてませんが、
僕と息子でやっていると
混ざりたい一心で頑張ります。

昨年のクリスマス・イブも
花やしきで開催されている
ベーゴマバトルに参加したんですが、
僕と息子が熱中していると
私も混ざりたい!と思ったのか
自分のコマを出し、
ベーゴマバトルに参戦。

対戦相手は
花やしきの着ぐるみの方々だったんですが
(皆さん、これがなかなか強い!)
娘も果敢に挑み、

2勝していました。

ちなみに、花やしきでは
ちょくちょくベーゴマイベントが開催されているようです。

勝利すると1ポイント貰えて
ポイントに応じてコマが貰えたりします。

この日は僕と息子と娘で
13ポイント、13勝しました。

でも、気がついたら娘は
ベーゴマからメンコに興味が移ったようでした。


あ、去年の話しねこれ。



で、今年は年初の学校公開で
保護者から児童に、
何か昔遊び的なものを教えるっていう日があって…

何か協力していただけるものはありませんか?って
奥さんが聞かれたらしいんだけど、


「ウチは普通のコマじゃなくて、ベーゴマなら…」


「あ!ベーゴマでもいいです、是非!」


って流れで、
次の学校公開でベーゴマ指導をやる予定。




その時に、息子と娘で
お揃いのベーゴマケースがあったらいいね、と。






ただ、心配なのは
学校公開という性質上、
ベーゴマ倶楽部の面々の協力を仰げないってこと。

ありがたいことに、息子と娘の通う小学校には
同じ幼稚園から上がってきた同級生が一人しかいなくて…

運良く、その方がベーゴマ倶楽部なら良かったんだけど
そうそう運なんて巡っては来ませんから
たった一人で、下手をすると全校生徒相手に
ベーゴマの回し方指導なんて荒業が必要になるかも…


が、何がどうあろうと、何とかなるでしょう。


今まで、散々と映画やCMで多数のエキストラに
芝居をつけてきた僕です。


動じる訳がありません。


それに、皆が皆、ベーゴマを回したいとは
思わないかもしれないしね。







いや、回したいなーって思わせるのが目標か。






それに、今まで、
幾つかの公園でベーゴマの種を
蒔いてきてはいるので
その種たちが、こういう日に芽を出し、
葉をつけ、花を咲かせてくれたら…






多くは望まないけどね。
でも、楽しみだよね。









さ、明日からはもうちょっと本格的に仕事をしよー。






じゃ。