読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・カチンコ日記2

根無し草男の映像日記

本家・カチンコ日記 第121回~第130回

先日惜しまれつつ閉鎖してしまった。 演劇ブック主催サイト アータウン内の映像サイト『モータウン』にて連載されていた日記 「長谷巌一郎のカチンコ日記=本家カチンコ日記」を転載しています。 各日記には楽しい写真が載っていましたが サーバー容量の関係上割愛させていただきました。

では、どーぞ!

第121回
年始の叫び(25)
2003年1月1日

2003年だよ。

今年で30歳だ俺は。
誰がなんと言おうが30歳である。

子供の頃、30歳に自分がなるなんて
想像もしてなかった。
30なんておっさんだと思ってた。

つまりおっさんになったつうことだな。

はぁ~

あ、そうそう
30を機会に卒業アルバムを開いてみたよ。
小学校の時の。
んでさ、夢とか書いてある訳さ将来のね。
みんなさ、「お花屋さん」とか「学者」とか
夢一杯の将来を書いてる訳さ。

それ読んでたら愕然としたね

俺のなりたい将来像ってさ

「大金持ち」

だってさ。
職業じゃ、ねーじゃんか!
もう訳わかんねー小6の俺。
とどのつまり金かよ!
本当可愛いげがないね俺は。

監督になりてぇとか
言ってる今の方がよっぽっど可愛いね。

ね。

ね?

ね!

早く小6の夢が叶いますよーに!

第122回
ブービートラップ(1)
2003年1月5日

明日から仕事初めだ

昨年、本編集までしたものの
MAV(※参考/第78回)を明日やる。
以降、2本ばかり仕事が入っているが
スケジュールは決まっていない。

まあ、いずれにしてもこの調子で仕事していきたい。

とりあえず、
師匠との久しぶりの仕事も明日で一段落だ。
今回も勉強になった。

どのジャンルの仕事においてもしばしば議論になる話しだが、
表現の親切度合いをどこまですればいいのか?は
非常に重要な問題だ。
親切すぎれば、うざったいし話しのテンポが遅くなる
不親切であれば、話しがわかりづらくなり難解になってしまう。

よく家族で映画を見ていて
「あら、やだ。なんで?どうしちゃったの?」

とか親に質問されなかっただろうか?
確かに受け手の読解力の問題もあるが、
全てをその問題で片付けることはできない

平たく言うと「さじ加減」かな?

まあ、特にVP(※ビデオパッケージ/参考/第113回)は
不特定多数に見せる物ではなく、
ごく限られた特定少数の方達に見せるものなのでその辺が難しいのだ。
その道のプロに見せるのだから、
素人ではわからない専門用語がバシバシ出てくるしね。
つまり受け手はどこまで理解しているのか?ということ。
これを改めて久しぶりの師匠とのVPで
考え、勉強した。

結局は全てのジャンルに共通することだしね。

人生勉強ですな。

第123回
ブービートラップ(2)
2003年1月9日

幸か不幸か 奇跡か偶然か

様々な仕事がぶつかることなく
隙間なく入る。
13日から31日まで都合4社 6本のCM VPの撮影が入った。

風水だとしたら効果ありすぎ。

体力持つだろうか…

う~ん

まあ、映画の撮影だと思えば短いのだが…

ユンケル買い置きしとこ

第124回
ブービートラップ(3)
2003年1月10日

僕が演出するVPの打ち合わせをする。
演出助手とは違う緊張感だ。

今までは台本やコンテを読み、
演出意図や撮影方法を探ることが主な仕事だったが
今回はそれを自分で作るのだ。

何度かDirはしたことはあるが、楽しい作業なのは間違いない。

助手って気楽かも。
と改めて思う今日この頃…

ちょっと久方ぶりに
根性入れてみようか。

おぉりゃ~~っ!!

第125回
ブービートラップ(4)
2003年1月15日

すごく天気が良いのにすごく寒いなんて、腹が立つ。

窓から差し込む太陽を見て、
「暖かそうじゃん」
と思って外に出る。

そして、出た途端に後悔。

今日はそんな日。

あー早く南の島に行きたい。
南国が俺を呼んでいる。

今日はVPのオーディション。
どんな方が来るか楽しみだ。

第126回
ブービートラップ(5)
2003年1月16日

懇意にさせて頂いている制作会社の若手の一人が
制作チーフデビューする。
今日はその仕事のアングルチェック。
ワタワタしたデビュー仕事を見守る。
時折不安な動きをするが…
ま、まあ、がんばれ。

さて、
自分が演出する撮影香盤を作らなければならない。
俺は一体どうゆうペースで撮影するのか?
全然わからない。
自分で自分にマキを入れるのか…

むむむ

と悩みつつ、明日の撮影の作戦も練らないといけないなぁ。
その次のCMのロケハンも近いし…
あー忙しいと嬉しい悲鳴。

お断りしてしまった制作部のみなさんすいません。
また、電話ください

第127回
ハナモゲラ(1)
2003年1月17日

冬は空が綺麗だ。

晴の日なんか特に素敵。
雲一つないし。

見える物全てエッジがはっきりしてる。

でも寒いのは嫌。

今日は新年初の撮影だ
今年もがんばってみよう。

第128回
ハナモゲラ(2)
2003年1月17日

あっ!つう間に撮影終了だ。
12時に開始して16時半終了だよ。
すげー嬉しい。

第129回
ハナモゲラ(3)
2003年1月19日

いよいよ明日から撮影開始である。

なんか緊張してくる

超ど級に楽観的な私だが、
考えることはミスばかり…
非常にマズイね。

普段はミスすることなんて微塵も考えたことがないのに…

あー
山手線の座席が暖かい…
……このまま深い眠りに……

第130回
ハナモゲラ(4)
2003年1月20日

予定より10分早くでた。

東西線が信号機故障だった。

「乗る前に言えよ!」

すげー
幸先悪い。

 * * *

撮影初日としては
幸先良い。

予定より2時間早く撮影終了。

あー気分が良い。

Dirをしてみて
初めてわかる助監督の重要性。

う~ん奥が深い。

あー

この言い知れぬ不安感は何故だ!