読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・カチンコ日記2

根無し草男の映像日記

自信に根拠は必要ない。

ディレクション 日記・コラム・つぶやき

2016年8月21日

只今午前4時です。

いえ、寝ていない訳ではありません。

昨晩はさっさと寝てしまい、起きたら2時30分で

もう一度寝ようかと思いましたが

仕事が残っていることを思い出しまして、

なら、やってしまおう、進めてしまようと思い

PCを立ち上げた次第であります。

 

やってみたら、ものの1時間で構成案を書き上げられました。

朝ってスゴイ!いや、俺がスゴイのか?

 

まあ、どっちもスゴイということで…

 

さて、7月くらいからずっと

『わりと忙しい』時間が続いている。

いくつかの案件が並行して進んでいる。

これは大変に喜ばしいことで、少しでも空いたスケジュールが埋まることが

何よりも楽しいことである僕にとって

沢山の色でうめつくされたGoogleスケジュールを見ることは

とても楽しく嬉しいことです。

 

ですが、それ以上のことが無いのが実情。

 

フリーランスの宿命でもありますが

忙しいから儲かっている訳ではなく

次の仕事のための布石であったり

名刺くばり的な意味だったりする場合があります。

 

それと納品を持って請求となるので

実働の数ヶ月後にならないとお金にならないのも実情です。

まあ、あんまり実情ばかり書くと

この仕事を目指す若人がいなくなってしまうかもしれないので

これ以上は書きませんが、、、

 

そんな訳で、まだまだお仕事募集です。

 

とはいえ、ブログで募集しても

あまり意味が無いことは分かっていますが。

 

 

 

話しは変わりますが、

先日、ベーゴマ倶楽部の仲間たちと

上毛の方へ行ってきました。

 

今回で4回目になるのですが

やっと晴天に恵まれまして、

何よりも大事なのは『天気』だと痛感しました。

 

あ、天気と言えば、、、

僕は今、ある遊園地でお手伝い(仕事)やっていますが

遊園地ですからやっぱり天気に左右されます。

f:id:hasegen:20160821044102j:plain

雨なんか降ってしまうと様々なことが変更、中止になったりします。

結構、裏ではてんやわんやだったりもします。

神にも祈らんばかりで『晴れ』を切望していたりもします。

 

そんな中だと『晴オトコ』『雨オトコ』の存在を信じたくなるのもまた

当たり前だと言えば当たり前かもしれません。

だって、神にも祈りたい気分なんですから、

晴オトコにすがりたい気持ちも分からないでもないよね。

 

そんな遊園地で、今、僕は『晴オトコ』として伝説を作りつつある(笑)

 

これまで、何度もショーの開演時間の予報が雨だったにもかかわらず

全ての局面で『晴』を叩き出しました。

途中降った日もありましたが、ショー中に止んで降ったことはうやむやなことも。

 

そもそもは、ショー初日のことでした。

前日から初日は雨予報が続き、

時間予報でもちょうど開演時間から降るという最悪の予報でした。

 

この数ヶ月稽古してきたショーです。

初日から雨で内容の変更とか最悪中止とかは絶対に避けたいところ。

演者たちの気持ちも一緒にいるとひしひしと伝わってきます。

 

「俺、晴オトコだから大丈夫。これまで20数年間雨で中止とかなかったから。それに俺が雲の状況を見る限りでは、大丈夫だから、晴とは言わないけど曇でやれる。」

 

「えー、本当?」

 

「まず信じてみなよ、俺を。」

 

で、迎えた初日は、僕の予想通りの『曇天』で

ほどほどに気温も高く、狙い通りの演出も出来ました。

 

「ハッセーありがとう!」

「すごいね、ハッセー!」

 

いえ、僕は何もしてません。

ただ、キン肉マンよろしく根拠のない自信ある言葉を発しただけなのです。

 

でも、わかります。

ああいう時ほど必要なのが

『根拠の無い自信』なのだということ。

 

まじめできっちりてしてる子や若い子ほど

『根拠の無い自信』に否定的だったりする印象があります。

まあ、得てしてその通りだったりするので

何も返す言葉はありませんが、

 

自信を失くした時や、何かにすがりたい時、

目標や夢を諦めかけた時、

 

きっと、そんな時に必要になるのが

 

 

 

根拠なき自信なのだと思う。

 

 

 

「◯◯について不安だ」

「◯◯は大丈夫かなぁ」

「どうしよう、◯◯しないと…」

 

「大丈夫だよ、何も根拠ないけど。きっと大丈夫。

 だって、俺が言うんだから間違いない。え?俺が何様だって?

 俺は、俺様さ。これまでも、これからもずっと俺は俺様さ!」

 

 

じゃ。