読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・カチンコ日記2

根無し草男の映像日記

色々、受賞とか、舞台挨拶とか

2015年8月7日

ども、長谷 巌一郎です。

二つほどあります。
まず、先日、連絡があったのですが、
(財)日本視聴覚教育協会 主催 教育映像祭にて
http://www.javea.or.jp/fes/15nyushou.html
僕が脚本演出した
SNSの安全な使い方 保護者向」 が
http://www.nikkeibookvideo.com/item-detail/V0311/
(試聴はPCのみ)
《社会教育部門 家庭生活向け》で
パワハラにならない部下とのコミュニケーション 第1巻」 が
(試聴はPCのみ)
《職能教育部門》で
それぞれが【優秀作品賞】をいただきました!
ありがとうございます。
最優秀作品賞である文部科学大臣賞には一歩及びませんでしたが
2本作品が同時に受賞できたことは非常に嬉しい限りです。

僕が作るVPは、度々異端扱いを受けることも多く
何度も挫けそうになった頃もありましたが
受賞した作品の制作会社さんのPは
僕の作りに好意的でかつノリノリで
とてもやり易い環境を作ってくれます。
制約が無い訳ではありませんが
思考や思想の部分での制約は全く無く
感謝しまくりです。
今回の受賞は(前回もですが)
このPの力無くしてはありませんでした。
加えて、撮影スタッフ、俳優部、
仕上げスタッフの皆さんの力があってこその
受賞だと考えています。

今後もわがまま放題の脚本に進行をするとは思いますが
色々と懲りずにやってけたらなぁと考える次第です。

どうぞ、これからもよろしくお願いします。



多くの皆さんは教育映像などを
見る機会は少ないかもしれませんが、
毎年、たくさんの教育映像が制作されています。

教育映像というと
堅苦しくて小難しいことを説明するようなものや
ルールやマナーの研修が多いのですが、
僕らは、そういったものを
どうしたらわかり易く伝えることができるか?
どうしたら視聴し続けることができるか(面白いか)などを
常に自問自答しながら制作しています。

10分や20分ほどの短いドラマであったりしますが
中にはしびれるような内容もあったりするんですよ。

機会があったら、少しでも興味を持って
視聴して頂けると嬉しいです。

ーーーーー

そんな教育映像の経験をベースに
映画やCM、TV番組の経験を加えて制作したのが、

映画「サンタクロースズ」です。

2015年8月28日に
プレミア試写会と舞台挨拶があります。
劇場公開も12月に予定されています。
(公開日については試写会時までには発表されます)
楽しみであり、不安でもあり、



これまでの僕の仕事と
同じな部分も多く、
違う部分もまた多く…


じゃ。