読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・カチンコ日記2

根無し草男の映像日記

息子と過ごすGWだ。4

日記・コラム・つぶやき

5月5日
江戸東京たてもの園 ベーゴマ大会二日目。

二日連チャンでベーゴマ大会に参加する人なんて
そうそういないんじゃないの?って思ってるでしょ。

いやいや、大勢います。
そんな人の方が多いです。

もちろん、その大勢の中に僕らもいます。

今日は我が倶楽部からは15名が参加。

そして、大会の参加総数は140名以上だとか。
すげーよ、ベーゴマ、ブームだよブーム。

201355


今日こそ、決勝進出、優勝を狙うぜ!と意気込みました。
当然ですが、昨晩も息子と二人で夜遅くまで特訓しました。
ベー床のどこに、どう出すか、どんな角度が好ましいか、
削りの無いノーマルベーだから、
角をつけ過ぎると床で自らを擦ってしまうから
ノーマルの方が難しい部分もある。

また、床への接地面がノーマルコマの場合は
まさに千差万別なので、当日配られるコマの出来不出来によっては
その作戦も大きく変わってしまう。

例えば、接地面が平たい場合、
この場合は床の上でよく暴れるコマになり
かなり攻撃的ではあるが、接地面が多い分
回転力が弱く、力(リキ)勝負といって
最後まで回っていた方が勝ちの取り組みになると
俄然不利である。
だから、こんなコマが来た場合は短期決戦。
床の淵に投げ入れるのではなく、
どまんなかに投げ入れて、引っ掻き回すのが吉だ。
と、思う。

で、接地面があまり多くない場合、
これは少々ラッキーだと思った方が良い。
削りの入った加工コマと同様の勝負が出来る可能性がある。
つまり、床の淵に角度をつけて投げ入れて、
コマをグルリと回して攻めこむという方法だ。
多人数で戦う場合、結局は
いかに最後までどのコマとも当たらずにいるかが勝敗を分けるのだ。
だから、淵を回して他のコマに当たらないように逃げてから
中央に降りてくるのだ。

が、同然、同じ作戦をしてくる強豪が多いので
後ろを取られて弾き出されたり、
逆に後ろを取って弾きだしたりもできる。
また、淵に投げ入れるため、
ある程度の技を持っていないと
床外しをして貴重な一投を失うこともある。


後、当然ながらベーゴマは鋳物なので
同じ物は一つとしてない。
中心が出ているコマもあれば
全然バランスの悪いコマもある。
これらは全て運だ。




が、強いと呼ばれる人たちは
このコマの運もひっくり返すほど強敵。




この連中に勝たないことには優勝は出来ない。




で、僕が貰ったコマは
中心はなかなか出ていて、
尚且つ接地面が小さかった。

昨日も同じ感じだったが、非常にラッキーだ。

これは勝てるかも!



で、僕の作戦は
「淵に投げ入れて回す」だ。

気をつけなければいけないのは床外し、
そして、多人数同時入れなので
入れ場所を間違えると交通事故のようになって
一瞬で弾き飛ばされてしまうことだ。

でね、同時入れという話しなんだけど、
ルールとしては、遅れて入れることは反則だけど
多少、早めに入れることはセーフ。
ほんの少しだけ早めに入れる。

これは回転力的にはかなり不利なんだけど
交通事故を避けるためにはかなり有効。
勝ち上がった人は抜けて行くんだけど
参加者が少なるなるまでは、
この方法が有効だ。



で、そんな、こすっからしい方法で…



またも3回戦進出!



どうしても、ここからが勝てない。
2本先取で勝ち抜けなんだけど、
1本は取れても2本目が勝てない。






これが俺なのか…




で、結局、倶楽部から決勝進出は出ず、
反省会をやったとさ。




なんだよ、やっぱり宴会やるんかい!




じゃ。