読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・カチンコ日記2

根無し草男の映像日記

重たい話しだ。

ディレクション

4月11日
今日はちょうど節目というか切り替わりの日になった。

まず、ここ数ヶ月メインで関わっていた
BS放送用のCM&インフォマーシャルが完成し
今日の夜放送になるのと、
今日の夕方から販売用ビデオシリーズの
打ち合わせがあることが
全て重なっているからだ。

最初にインフォマーシャルの件から振り返ると…

かなり濃い目の数ヶ月を過ごしてきたなと思う。
通常、CMを制作する際は
あまりクライアントと直接会って話すことはない。
そもそも、広告の企画自体を
広告代理店が作り、クライアントと打ち合わせをして
内容等諸々を詰めているからで、
制作側としては、ほぼ決まりかけた企画を
ブラッシュアップさせて完成に持っていくのが流れだからだ。

あ、当然、イレギュラーもあるし
途中で方針が変わったり、ひっくり返ったりもするけども。

しかし、今回の流れとして最も特筆すべき部分は
通常(と思われる)の流れではなく、
いわゆるVP、企業ビデオの制作スタイルで
TVCM、インフォマーシャルを制作しようとしたところだ。
まあ、そもそも地方の放送局などでは
こういった流れが一般的だとは思いますが。

企業VPは基本的に
お客さんの希望や要望
またはニーズの掘り起こしがあって制作するんだけど
よほどの大企業さんでない限りは
クライアントと制作側との間に代理店の存在はない。
そもそもの企画自体をクライアントさんが持っている場合がほとんどだからだ。

例えば、社員教育用や業務フローの説明や会社紹介などだ。

だから、制作側は直接クライアントさんとやりとりをして
希望や要望を予算に合う形にして提案し制作する。

いや、うん、皆、おんなじ流れでもあるんだけど
色々と違うことが多いんだよね。

色々とCMとVPは違うとか言いながら、
実は、ほとんど一緒なんだよねとか書いてるんだけどさ。


一番違うのは予算だよ。


間に代理店が入るにも
タレントさんに出演をしてもらったり
巨大なセットを組んだりするのも
全ては予算に関わってくる。


で、つまりはVPの規模で
CM&インフォマーシャルを作ろうってのが
今回のお題目であり結論。


だから一番先に考えたのは
CMらしさ、ぽさ、って部分。
嫌な話しなんだけど、
とどのつまり、前後には通常の「CM」がくる訳で
やっぱり比べたくなくても比べてしまうでしょう。

言い方を変えれば、「安っぽい」物は作れない。



安っぽいって難しいんだよね。
中には大金をかけて安っぽい感じを狙った映像もあるし
大金をかけても安っぽくしかならなかった映像もある。
主観に頼る部分も大きいんだけど
その大局を決めるラインみたいなものは
常に考えておかないといけないし
間違えないようにしないといけない。

今回は大丈夫だったけど
このラインを理解していない子がチームにいたりすると
いわゆるトンチンカンな提案や驚くような小道具とか
一瞬で激怒できるロケ地写真とかを持ってきたりする。


そういった子が見ている物は
予算というフレームでしかない。

予算に合う物、予算にあう場所、予算に合う…

そんなフレームで探しても
たまに、おお!ってのもあるし
そういう成功体験もあるだろうからたちが悪い。

そりゃ100あれば、
1個くらいは当たりというか
惜しいやつはあるよね。

じゃあ、常に100個予算に合うものを
探して持ってくるのか?


あ、話しがズレた。


そんな訳で、今回はそんなことは全くなく
全員がプロの仕事を進めることで
クライアントも我々も満足の行く物になったかと思う。


宿題というか、反省点は多くあるけどね。




そんなCM&インフォマーシャルのオンエアが今日。




さて、夕方からは
販売用DVDの打ち合わせだった。
監修者の方と打ち合わせをして
ビデオの内容、方向性などを決める。

事前に監修者の方の著作を読まさせていただいていたので
僕なりのプランを考えてぶつけてみた。




大筋問題なく、
方向性として、僕の考え方に間違いがないことと
物語のアイデアをいくつか頂くことができた。



しかし、今回のビデオの内容は重い。



書くことが辛いし、
頭の中で想像することがすでに辛い。

まして、それを役者に指示して芝居をさせることなど…





これから数ヶ月
この台本に関わることで
かなり疲弊するだろうことが予想される。

いや、疲弊する。

心がすり減るだろう。


すでに数ページ試しに書いただけで
クラクラした。





でも、この問題から目を背けてはいけない。




こういった問題へ正面から立ち会えることは
多くはないだろうと思うし、
僕にやって欲しいテーマだ、
と言ってくれたプロデューサーの期待にも応えたい。




また、色々と確定したら
お知らせします。




じゃ。