読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・カチンコ日記2

根無し草男の映像日記

ピカピカベーゴマ教室だ。

4月6日
ベーゴマの聖地、川口。
ここにはベーゴマクラブで恐らく最大規模を誇る
「川口ベーゴマクラブ(略称川口BC)」がある。

このクラブには名人と呼ばれる方々は
大勢いらっしゃって
正直、僕なんて全く歯がたたないんですが
そこの中島名人の主催で
ピカピカベーゴマ加工教室なるものが開かれている。
いっぺんに沢山の人を教えられないので
8人ほどの人数しかいない教室なんだが
大人になってから教室に行くなんてことが新鮮。

さて、ピカピカベーゴマってなんだ?
とお思いでしょうか?全く興味無しでしょうか?

まあ、簡単に言えば
鉄の塊であるベーゴマを削りに削って
八角すいにし、紙やすりで丁寧に磨きあげ
まるで鏡のようにピカピカにするというものです。

01

こんな感じの、ザ鋳物!なコマを
削って、磨いて、していくと…

02

こんな風にピカピカになります。
ちなみにこのコマは
中島名人が作ったコマです。

僕のはまだ製作中です。



で、そんなベーゴマ教室は今日が三回目。
全部で4回の教室なので、
次回にはピカピカになっているはずなんですが…

これまでに二回でヤスリが終わり
紙やすりに移行して…との予定だったみたいですけど

名人みたくできませーん。

で、二回をフルにヤスリに使ってしまい、
三回目の今日も前半戦はヤスリでの
仕上げ作業に使ってしまいました。

なんとか後半に紙やすりに移行しましたが
次回で完成するのでしょうか…




でも、紙やすりで磨くと
明らかに輝きが出ます。
それは驚くほど顕著です。
そもそもがグレーだったので
シルバーの輝きが出るとびっくりします。

金属の底知れぬ力を感じます。




完成次第、写真をUPしますね。




で、この教室では
毎回宿題が出ます。

次回の教室までに一つベーゴマを削ってくる。
それもただ削るのではなく
出題されたお題をクリアするように削らなくてはいけません。

初回は薄く、美しく、削るというシンプルなお題でした。
二回目は欠けてしまったコマ、鋳鉄の流し込みの際に
コマ全体に鉄が行き渡らなかったコマ、
通常は販売されることの無いコマを削って
バランスを調整し長時間回すコマにするというもの。

そして、三回目が…

28ミリほどあるベーゴマを

03


削って20ミリのベーゴマにする!

いきなりシンプルなお題になったかとおもいきや
このお題はかなり大変です。

まず、両サイドを削り
ある程度の余白を残しながら20ミリに近づけ
八角形を作ってから芯出ししようと思っていますが

04


両サイドを削ると分かるのが
その後、芯出しのために削る量が半端じゃないこと。



次回の教室が5月の最終日曜日ということなので
今までよりも時間があるのですが、
これは、かなりの難問です。






という教室の後は
浅草花やしきに行って来ました。

最近花やしきにはまっていますが、
一番はまっているのは多分娘で、
ベーゴマもはまっていますが
娘はショーを見るのが大好きみたいです。


息子は映画、娘はショー。


エンターテイメント家族か!


じゃ。