読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・カチンコ日記2

根無し草男の映像日記

アイ、アイ、アイ、iPadだ。

1月10日
今日は一歩も外で出なかった。
でも、一日中(途中1時間ほど昼寝したけど)
仕事をしてました。


2月のオンエア予定のTVCMの
絵コンテを書いてました。
ちょっと前までは
無印良品で売っていた
週刊誌の紙で出来ている4コマ用紙に
鉛筆でコリコリと書いてました、

でも、最近、iPadで絵コンテを書くようになりました。



いやぁ、自分でもびっくりです。



まあ、僕がiPadを買った理由も
自分が作っているiPad動画で
【欲しいな】と思い購入したんです。

とはいえ、自分が紹介した使い方が
そのまま自分の仕事で使えることにはなりませんでした。

最初は、自宅PCで書いた台本の確認用や
ファイルの閲覧用(ビューワー)か
ちゃちゃっとしたインターネット端末での利用です。



で、ちょっと前にあるソフトを見つけました。

かなり前からあったのかもしれませんが
こんなソフトです。

PDFを開いて、更に書き込めてPDFとして保存できる。
なおかつ、アプリ上で新規にファイルを作成でき、
手書きに対しての支援ツールが豊富。



最初は台本にカット割りを書き込むだけで満足でした。
手書き支援のお陰でまっすぐに線は引けるし
なおかつ色までつけられる。

で、ふと、四角を手書き支援ツールで書いてみました。
すると、キレイな四角が書けました。
これを、二つ、三つ書いてみると…
コンテ用紙にしか見えません。

あ、これ、もしかして…

と、絵を書き始めたら、
結構いいじゃん!ってなりました。




そもそも、僕は絵が下手くそなので
全く自信がありません。
鉛筆で書いている時も
一コマに対しものすごく時間がかかります。

ここだけの話し、
あまりにも書きづらい姿勢の描写が必要だったりしても
絵で書けないので棒立ちにして誤魔化したり
ヒキたいのにヨリの絵にして
撮影する時の引こうとしたりしていました。



なんと、そんな苦労がiPadのアプリで
半分以上相殺されました。

まず、書き直しが楽だし早い。
下手くそですから、何度も何度も線を書き直します。
手書きだとその都度消しゴムで消して、
ちょっとイライラすると紙ごとビリビリなんてこともありましたが、
iPadがビリビリと破けることはありません。
また、消しゴムで消したくない部分まで一緒に消える、
なんてこともありません。
狙った線だけを消すことができます。

最高です。



でも、まあ、基本は下手くそなんですけどね。



で、文字を入れるのも手書きでも良いですが、
ワープロで入れられるので
実筆の文字とフォント文字とを使い分けられます。
大きさも自由自在です。

とっても助かってます。

絵だけでなく字も汚いんです、僕は。




で、今、とっても助かっているのは
写真を貼り付けられるって機能。

iPadでインターネットから欲しい素材をDLして
コンテに貼り付けて…
写真を上からトレース…

トレースできたら写真だけを削除。


おおおお!って感じです。





前にIKEA
ポージング人形を買ったんですが
絵が下手なせいで
全然利用価値が出ませんでした。

が、書きたいポーズを人形で作り、
iphoneで撮影し、
iCloudiPadと同期して、
コンテに貼り付ける…

Img11_1019

走るポーズ。




こんな作業が流れるように進む。




最後は完成した絵コンテを
DropboxなどのクラウドにUPロードし
そのリンクアドレスをプロデューサーなどにメールで送る。

とっても楽ちんです。

添付もしないからメールも軽いし
Dropboxのリンクアドレスなので、
仕事が終わってファイルを削除・移動させれば
リンクは切れますし。

うおおおおおおおお!
IT化バンザイ!ジーク・ジオン!




あ、でもこれ、iPadでなくても
AndroidやWindowsPHONEでも出来るよね。




と、若干フォロー。





ま、色々と仕事してるんで。

てへ。




じゃ。