読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・カチンコ日記2

根無し草男の映像日記

大きな理由もなく、ブログ再始動するのだ。

2013年1月1日

全く理由が無い訳ではないが、
TwitterFacebookばかりで
ほぼ更新の止まっていたブロクを
また、始めようかと思っている。
いや、始める。
まず、書くという行為が僕にとっても
仕事にとっても
とっても重要なことだし
書くという行為は書けばかくほど
書き出しがスムースになり
それは結局は仕事の面においても有効だからである。
まあ、つまりは最近なんだか
書き始めが詰まり気味なのだ。
これはとっても良くない。
で、ここのところずっと、
そう思っていたので
この元旦を契機に毎日PCの前に
座るという行為を義務付けようと思う。
決して、毎日ブロクを更新するということではない。

それは無理だ。
毎日毎日ネタなんか落ちてないし
毎日更新を義務つけると
日々の瞬間瞬間でネタ探しをすることになるからだ。

探すのはブロクのネタではなく、
仕事のネタであるべきだからだ。








さて、そんな訳で2013年だ。
結局のところ、
未だに僕は映画を作ってはない。

とっても近い瞬間まで行っただけで、
その先にたどり着けていない。

しかし、今年はやらなければならない。
いや、やる。

昨年は友人であるライターの足立くんが
めでたいことに松田優作賞なる脚本賞を受賞した。
きっかけの出来事ではないが
充分な発奮材料と言える。


言える、というか、言える状態になったのも最近だ。
実際、受賞の知らせは足立からではなく、
共通の友人からの電話連絡だったんだが、
正直、絶句してしまった。

本来なら、心から喜ぶべきだし
いや、心から喜べると思っていたし
学生時代から奴だけは
トップを掴む場所へ行くと信じてもいたし。

が、しかし、彼の受賞の知らせは僕を絶句させた。
頭の中が真っ白になった。
電話口で友人が

「今度集まって受賞祝い会をやろう」

「色々と忙しいけど、長谷くん、いつ空いてる?」


矢継ぎ早に質問をされたんだが
全く応えることが出来なかった。


「あ、ああ、うん、そうか、うん、そうだな、
 俺も、忙しいしな、うん、そう、また、連絡を取って…」


これでは、20年近い付き合いの友人の
せっかくの受賞を全く喜べないでいる最悪の友人だ。




そう、実際その通りだ。



僕はどう考えても、
この絶句を、どう分析しても
出てくる答えは、

[驚愕]と[嫉妬]そして、[悔しさ]だからだ。


僕の中では、
次々と後輩や
実年齢が僕より若い連中に
キャリアの上で抜かれて行き、
そんな感情には
慣れた、麻痺していた感情だと考えていた。

だから、

「やったな!足立!」と
大声で電話を掛けてやれる。
誰よりも喜んでやれる。
今は大変だろうけど
絶対にお前は前に出る!と

言えると思っていた。




とどのつまり子どもなのかもしれない。

友人の成功を心の底から喜べない。











いや、待て、
家族以外の奴の成功を
心の底から喜べる人間なんているのか?










と、そんな不衛生な感情を抱いたまま
仕事も5本同時に抱え込んで悩んでいた。

で、話しが戻るが
やっぱり、そういった
感情というか思いというか悩みというか
モヤモヤした霧を払拭させてくれる行為は

[書く]

という行為以外になかった。
仕事で必要な台本を書いた、
絵コンテを書いた、
企画書を書いた、
メールを書いた。

修正に次ぐ修正で
もはや書いているのか
キーボードを打っているだけなのか
全く分からなくもなっていたけれど

やっぱり書いている時、瞬間、

僕の目の前のモヤモヤは晴れ渡った。





うん、だから、やっぱり書く。

[書く]ことを止めることはヤバイ。
自分の心の平穏を保つためにも
[書く]ことを辞めない。

こんな駄文のブログであったとしても関係はない。
はっきりいって読んでくれている人のことなど
知ったことではない。

これからは僕の自己満足で[書く]


今までも面白くは無かったと思うが、
更に倍で面白くない日記を書きます。





あ、久しぶりだから今日のことも少し書く。
日記なんだから当たり前なんが…

実は家族は奥さんの実家に帰省しているんだが
僕は東京の自宅にいる。

表の理由も裏の理由も仕事をするため
そもそも29日まで仕事の予定が入っており
それから合流しても、
また数日で東京に戻らねばならないし…と
理由を上げればきりがない。

で、そんな訳で、
ちょうど31日の夜から
あるIT企業さんのTVCMの絵コンテを書き始めた。
だけど、なかなか進まなくて、
風呂を沸かして入ることにした。



「そうだよ、年またぎで風呂に入ったらいいじゃん」



でも、その時は忘れていたんだよ
僕は風呂に長く入って居られないってことを。

それでも、風呂に
iphoneからつないだスピーカーを持ってきて
何曲か歌って身体をぽっかぽかにして出た。



23時40分だった。



あ、まだ20分もあるよ…







で、そこから絵コンテを書き始めて、
書き終わったら年が明けていた。

ああ、今年はこんな年なのだろう。


もっともっと仕事してやるぞ。








それから数時間後。
悩みに悩んだが、
やっぱり一人でも行くことにした。

どこにって、お台場だよ。


1月1日はお台場のデックス東京ビーチ
ベーゴマ大会があるって常識じゃないか!



息子がいないので
どうなるのか全く分からなかったけど
もう、僕自信が行きたいのだから仕方がない。

僕自信がベーゴマを大好きになってしまっている
のだから仕方がない。
結果は散々だったけど、
楽しかった。

Img_09922

大会に参加するとベーゴマがもらます。
干支にちなんだ蛇の図柄のベーゴマですね。


でね、僕は数年前から
ベーゴマにハマっているので
かなり、ちょいちょい話題がベーゴマになります。
むしろベーゴマばかりの話題の時もあるかもしれません。


映像関係の仕事の話しや
今年9月を目標にしている映画制作の話しも
疎かになるかもしれません。


どっとも好きなんだから仕方ないよね。








ま、そんなことでさ、

新・カチンコ日記は再始動します!




じゃ!