読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・カチンコ日記2

根無し草男の映像日記

君は成長をし、僕は歳をとる。

2月7日

今日は、長男の誕生日だ。

すでに先月中に店内で釣りが出来るというお店

ざうお」の予約も取っておいた。

準備万端というか、

わざわざ誕生日に外食をするなんてことは

初めてかもしれない。

毎年、自宅でひっそりとが基本だからだ。

別段今年が特別って訳じゃない。

ただ、最近息子は釣りに興味があって、

ちょうど、その時Facebookで釣りができる居酒屋

のことを知ったからが今回の流れだ。

さて、最近四十肩なのか

両方の腕を上げる際、肩がひどく痛む。

35歳くらいまで全くこらなかった肩が

鉄板のように固くこるようにもなった。

年齢からくるものと言ってしまえば簡単なことだ。

永久機関なんてものはありそうで無いし、

それを証明することも出来ない。

まあ、つまり、どんな物でも

経年劣化は避けることは出来ない。

最終的な日を迎えるその日まで

壊れ続けていくのだ。

そして、君は、僕らが壊れて行く中で、

年々、日々、毎時間、毎分、毎秒、成長していく。

ある一点を迎える時まで成長をし続けていく。

僕らは、壊れていく中で

君たちの成長する姿を、成長する過程を、

楽しみにしながら、心配もしながら、

期待しながら、ワクワクしながら、

最終的な日を迎えるその瞬間まで

見続けていきたいと思っている。

どこまで見続けられるか分からないけど、

どこまで見させてくれるのか分からないけど…

僕はもうすぐ39歳で、

人生を平均年齢で見れば

もう、すでに、半分をすぎている。

とっくに折り返し地点を回って、

ゴールに向かって走っていると言える。

ついこないだスタートした君たちを

反対側の車線から、

反対方向に向かって眺めている。

そう、お互いに反対に向いているのだから

そのうち、もうすぐ、お互いの距離は離れていき、

見えなくなっていく…

僕らだって、すでに親元を離れて、

全く離れすぎていて見えない位置に来てしまっている。

何度か振り返って、戻って、

親に何か言うチャンスがあったんだけど、

ね、ついつい、後回しにしてる。

きっと、君たちも同じだと思う。

だから、そんなことを今からとやかくいうつもりは無いんだ。

どんどん離れていって、

僕らを忘れていってしまったって構わないよ。

離れていくってことが、

自分の人生を歩くってことだと思うからね。

僕らは勝手に、

遠くから君たちを見るようにするから

気にしないでおくれ。

で、今日が息子の誕生日だから

こんな日記がいつまで残っているか分からないけど

僕らを忘れても、

忘れて欲しくないことをいくつか

箇条書きにしておくよ。

もう、僕は忘れかけているし、

いくつかは忘れてしまっている。

後戻りは出来ないし、するつもりもないけど、

・人を信用することを忘れるな。

誰かを信用できなければ、

自分だって信用されることはない。

信用されたければ、信用しろ。

裏切られても信用しろ。

でも、裏切るな。

・諦めるな

何故、こんなに必死になってヒーロー物を見せたと思う?

諦めるな、相手が諦めるまでやり通せ。

諦めなければ試合は終わらない、終わらなければ負けも無い。

・迷ったら、一番難しい方を取れ。

たいがい、迷っているなんて、嘘だ。

アタマの中では本当のところ答えは出ているはずだ。

ただ、その選択をした場合の後先を考えて二の足を踏んでいるだけなんだよ。

だから、そんな事は忘れて、この言葉に従え。

難しいことを思いつくってことは、それが最善なんだよ。

・嫌いになるな、好きになれ。

はっきり言っておく、何かを誰かを嫌いになることは簡単だ。

誰でも出来るし誰もがやっている。

つまり、敵を作ることも簡単なんだ。

だから、好きになれ。

嫌うより、好きになる方が難しいだろ?

・自分のためでなく、誰かのためにだけ戦え。

自分のために戦う奴は小汚ぇヤツだ。自分勝手な奴だ。

だから、誰かのためにだけ戦え。

「だけ」って部分が大切だ。

じゃ。