読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・カチンコ日記2

根無し草男の映像日記

そして、長い打ち合わせ。

11月8日

たまに、台本を書いていて

全く、着地点が見えなくなる時がある。

どこに向かって走っているのかが

分からなくなる時があるのだ。

そんな状態になると

台本は右へ左へブレたりしてしまい、

気がつけば初稿に戻るなんてこともある。

まあ、今回とは違うが。

が、今日を乗り切らないと

そうなる恐れがあると感じている。

僕自身が明確な着地点を見つけていなければ、

これから先、言われるがままの修正をすることになる。

こういうのは、言わば、

コンピューターウイルスが登場してから

パッチを更新するという作業に似ている。

穴が開いているから、そこにテープを貼ると同じだ。

穴が空いているのなら、

そもそも、そんな容器ごと捨ててしまえ!

漏れるじゃない、別なものを入れる方法は無いのか!

と、そんな部分にこそ力を使いたい。

が、それには、僕はもちろん、クライアントさんとも、

同じ方向を向いて、同じ着地点を見据えていなければならない。

とても難しいことだけれど、

こうやって、台本を何度も何度も修正して、

その都度打ち合わせすることで、

この着地点が同じになっていく。

だから、たまに、台本を書くと

その修正依頼や修正台本がメールで届くことがあるが

特に、初期の段階でメールで台本のやりとりをすることは

断固反対していきたいと思っている。

逆に言えば、その段階で

クオリティの向上が止まって良いのなら構わない。

しかし、それでは意味が無いのではないか…

もしかすると、クライアントさんの中には

ビデオ制作がとても面倒で、

抱えている仕事の、ほんの一つに過ぎなくて

出来れば、パパパッと終わらせたいと

考えている方もおられるかもしれない。

でも、それは逆にとても難しい。

任せてくれるのは大変にありがたいが、

その全ての責任までは、

僕達は負えないのです。

僕が担当Dirになってしまったからには、

この直接のやりとりが必ずあります、

どんなことがあろうとも、

僕は必ず要求しますよ。

良いものを作るためには

絶対に必要な作業ですからね。

で、さて、そんな訳で

台本の打ち合わせが終わり、

すぐに自宅で修正台本を打ち始める。

他にも色々とやることがあるんだが、

優先順位なぞぶっとばせ。

やりたいと思ったら、やりたいことをやるだけだ。

書きたいと思ったから、書くのだ。

ぶっ続けで3時まで書きなぐった。

電子メールに僕の思いまで添付できれば良いのになぁと思う。

でも、5GBくらいあるので添付できない、

だから、ファイル転送サービスで……

そんなことは、どーでもいい。

じゃ。