読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・カチンコ日記2

根無し草男の映像日記

撮影と台風と長靴と。

9月21日

朝から不穏な空で

とはいえ舐めきっていた僕は

たいして雨対策なんてやらずに

家を出ようとした。

すると、うちの奥さんが

強行に長靴を履いていくことを勧めだした。

いや、もう、出ないといけない時間なんだけど。

え?台風?ああ、知ってるけどさ、

ずっと電車だし、室内での撮影だし。

あ、だから、そんなに外にいる時間は、

う、うん。そりゃ、そーだけどさ。

荷物になるのは嫌だけど…ああ、持っていくよ…

と、通常の荷物に加えて

長靴の入った袋を余分に一個持って出た。

現場近くにつくと、

小雨がちらついていたけども

当然ながら長靴を履くほどじゃない。

撮影もスタジオだから長靴は袋に入れたまま

スタジオの隅っこに置いておかれた。

撮影は順調でもあり、

押し押しな感じでもあり、

予定していた分量を撮影するには

とてもじゃないけど足りない時間だと思っていたけど

その予定通りというか想像通りに

全ては撮り切れないでスタジオの使用期限になった。

で、つまりは撮影終了。

どうしても撮らなければならない部分を

制作会社で追加撮影して完全終了。

当初から優先順位をつけて撮影をし

撮り切れないものはOUTという条件であったが

やっぱり撮り切れないのは釈然としない。

仕事としては、これでいーのかもしれないけど。

そして、ふと会社から外を見ると

叩けつけるような雨が降っていた。

ああ、長靴の出番か…

いや、とはいえ、

制作会社から駅までは、ほんの数分だ。

濡れたとしてもたかが知れているだろう。

そんな気もしないでもなかったが、

どこかで履いたり脱いだりも面倒なので

制作会社内で運動靴から長靴にはきかえた。

で、結果的にそれが正解で、

なおかつ、このタイミングで帰ったことも大正解。

帰りの電車は猛烈に混んでいが

その後のニュースによれば、

僕が乗った1時間後には運休だったし、

なによりも最寄り駅から自宅に向かう時

長靴で良かった、

本当に良かったと思えるほどの雨だった。

奥さんの強引な押しがなければ

確実に靴の中までびしょびしょになっていたハズ。

ヘタをすれば靴が一足ダメになっていたかもしれない。

いろいろな意味でも奥さんの言うことを聞いて大正解だった。

普段、何も言ってはくれないので

ここ一番で言ってくる事はなるべく聞いている。

で、明日はニューマシンが届く!

じゃ。