読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・カチンコ日記2

根無し草男の映像日記

なんだよ!

6月21日

パイレーツ オブ カリビアン の

2D吹き替え上映って無いの!!

そんなひどい。

小学低学年に3Dの3時間って無理でしょ。

つーか、無理じゃないって言われる理由が無いはず。

なんだよそれ。

息子、楽しみにしてるのになぁ。

行けないじゃん。

なんて言うかな……

じゃ。

(続き)

あえて、というか、なんとなく

昨日通夜で今日告別式が行われた

映画学校講師 橋本信一 監督 のことを

探しまわっていた。

ありがたいことに

ネットには、橋本さんがいた。

インタビュー記事や監督された映画のことが

色々な所にあった。

Twitterでも

友人から告別式のことが流れてきた。

当然のことだが、

人は死んだら灰になる、灰にしかならない。

そう、思っていたし、事実そうだ。

けど、3年前に義理の父を亡くした時に

その考えは、一部しか正解でなくて、

実際は、人は死んだら、

誰かの希望になることがある、

と思うようになった。

悲しいだけじゃなくて、

少なからず、『思い』を残していると思う。

橋本さんの思いは

橋本クラス1期の我々から

つい、こないだの○期の連中にまで

残されているんじゃないかと思う。

いや、本当のところは分からないよ、

自信ないけどさ、

そう、思いたいんだよね。

ブルトーザーと評されたあの時の

くすぐったい思いは、今も、深く残っているし

今では後悔しても仕方がないけど、

橋本さんの監督作『ほるまいか』に誘われて断ったことや

その時、ある企業VPの仕事先を紹介して貰ったにも関わらず、

条件が合わなかったことや…

ああ、結局、僕は橋本さんにワガママばっかり言っていたのか、と。

あの、優しさに甘えていたんだなぁ。

そう、誰の言葉にも、

橋本さんの優しさが溢れていた。

橋本信一という文字数と同じか、

それ以上の数、

『優しかった』という文字が溢れている。

そんな人、滅多にいない。

もういないんだと思うと、

ただ、ただ、寂しい。

先生、

安らかに。

長谷巌一郎