読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・カチンコ日記2

根無し草男の映像日記

年を重ねるという重圧。

4月20日

ども、長谷巌一郎です。

すでに、この日記を書いているのは21日になっていますが、

今日(20日)は僕の38回目の誕生日でした。

あっという間に38歳です。

しかし、想像より目標到達距離が短くなりません。

30歳までに映画を撮るという目標は

とうの昔に映画ではなくて

なんかしらの映像のディレクションと変更して

なんとか自分と折り合いをつけました。

それから8年も経ってしまいました。

とっても情けない。

このままでは、夢だけ語る男です。

夢に近いようで全然近くない男で終わってしまいます。

なので、多分、

また、再度、目標となる期限を定めて

それに向かって邁進しようと思います。

もう、後2年しかありませんが

40歳を次の区切りにして、

この年令までに映画を撮る、

撮れる算段まで持っていく。

これを目標、通過点としていきます。

これから引き受けるであろう全ての仕事や

色々な出来事全てが、

目標となる映画の為になるよう、

きっかけになるよう考え、最悪でも肥やしにする。

出来れば、想定より早目に目標をクリアし

その次の段階に進みたいし、考えたい。

そう、映画を撮り続ける、作り続けること。

よく聞く話しでは、

最初に1本は割と簡単に撮れるらしい

(とはいえ、とっても難しいが…)

もっとも難しいのは2本、3本と

作り続けていくこと。

これはつまり、最初は当たりか外れかの評価も無いが

この最初で評価が決まり、

2本目、3本目と評価が続いていく。

1回のミスで、次が無いって状態が続くのだ、

それも暫く、もしくは永遠に続く。

だから、最初の目標は通過点で

次の通過点は、到達点でもある、

続けるということ。

そこまで早く行きたいものです。

こんなことを語っているだけでは

説得力も何もありませんしね。

また、次の誕生日に向けて

新しい作戦でも考えるとします。

Twitterミクシィ

誕生日祝いのコメントありがとうございました。

誕生日なんて祝ってもらっても

嬉しくなんか無い年齢だ!と思っていたけれども

やっぱり嬉しいもんですね。

今日は二人の子どもたちから

おめでとうと言われました。

娘からは

「パパ、お誕生日おめでとう!

         これ、あげる!」

と、どこかで拾ってきた飴玉を出してくれました。

包み紙にはメリークリスマスって書いてあります。

去年とクリスマス会で貰ったやつですね。

ありがとう、甘かったですよ。

じゃ。