読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・カチンコ日記2

根無し草男の映像日記

シンプル イズ ベスト

パブログ

4年ほどだろうか、
ある一時期、
完全な一人暮らしをしていた。

どうして、わざわざ完全なと一言付けるかは
今日に記事においては関係がない。


で、僕は基本的に
あまり家具の類、インテリアの類を
置きたくない衝動がある。
とはいえ、何も置かないと
生活そのものができないのであるが
必要最低限というか
できることなら置かないで済ませようと
一応コーディネートしていた。

しかし、入居当初は引越し代だけで
全ての金を使い果たしたこともあり
希望する必要最低限の家具にはなっていた。
いや、最低限以下だったかもしれない。
だって、カーテンすらなかったのだから。
朝しか日が入らない部屋だったが
何も遮るものなく光が差し込んだ。
ほんの1時間ほど…
また、台所と玄関部分だけは
フローリングというか板の間で
夏でも冷たく、冬なんかは凍りついてしまうほどだった。
何度もカーペットでも敷いてと思ったが
そこにまで到ることはなかった…。

必然、一人暮らしの部屋に

温もりのようなもんは

全くなかった。



今では、フローリングと言えども
床暖房はあるし、エアコンもある。

なんの文句は無い。

いや…
子どもが生まれて、
これは仕方の無いことだが
おもちゃや絵本の類、
色鉛筆や落書き帳の類が散乱している。
当たり前だが、何度片付けても
子どもたちは出してくる。

出す、片付ける、出す、片付けるの繰り返し。

出すのはいい。
遊ぶためだから。
でも、片付けようぜ。
俺が片付けると
元々あった場所から違う場所になるもんだから
いつも、あれどこ?これどこ?と
聞いてくる子どもたち。

なら、自分で片付けなさい!

って、子どもたちを諭してくれる
カーテンは無いものだろうか?
おもちゃの出しすぎを注意しれくれるような…

おもちゃの在りかを教えてくれるような
カーペットとかも無いものだろうか?



そうそう、子どもたちは風で揺れるカーテン
クルクル絡み付いて遊ぶことも多い。
いっそのこと、子どもと遊んでくれる
人懐っこいカーテンは無いか?
ゴロゴロ転がって遊ぶ子どもと
楽しく語り合ってくれるカーペットはないだろうか?

いやいや、子どもと遊ぶのを拒否してるわけじゃない。

つーか、こんなファンタジーな物品は存在できないだろうし。
しかし、風に揺れるカーテン
部屋の換気状況を教えてくれたり
カーペットハウスダストなんかを検知してくれたりしたら
とても助かると思う。



朝、掃除する際に窓を開ける。
しばらくすると、カーテンがこう言ってくれる。
『お部屋の換気は充分に行われました。』

休日にゴロゴロしていると
カーペットがこう言ってくる。
ハウスダストが多くなっています。』


便利か?


いや、うるさいか…
掃除しろとか、換気しろとか言われたら
大きなお世話だ!と言ってしまうかもしれない。

あ!じゃあ、言うんじゃなくて
空気を綺麗にしてくれるカーテン
ハウスダストを吸ってくれるカーペット

どうこれ!

素敵!



で、季節によってカーテン
カーペットも色が自動で変わるの。
欲しいね。






様々なインテリアたちが
部屋中に存在している。
そのほとんどが子どもたちの物。

でも、今ではそれが心地よい。

家族の温もりを感じるから。


結局、そんな答えにたどり着く。

東リでインテリアについての
ブログを書くと商品が当たるそうです。
東リ ブログキャンペーン


じゃ!