読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・カチンコ日記2

根無し草男の映像日記

日の出前・・・香盤消化せよ

映「Watch with Me~卒業写真~」撮影日記 夏

8月28日(月)

■この日記は撮影終了後に香盤表を見ながら
 数ある出来事を思い出しながら書いたもので
 若干の思い違いや誇張や脚色が
 含まれていますのでご了承ください。

映画「Watch with me 卒業写真 夏篇」撮影日記

個人的な感情を書いてしまうと、
台本を貰って読み進めていく時
うっと思う時がある。
それは、早朝という文字だ。

早朝というのは、
読んで字のごとく早い朝のこと。
日の昇る少し前だったり、
昇ってすぐであったり。

うっなるのは
早朝のシーンは早朝に撮影しないとならないからだ。
日の出を狙うためには
日の出前から準備をしないとならないし
日が昇ってすぐであっても
大して時間が変わるはずもない。

季節は夏。
いくら、もうすぐ9月だと言っても
朝は早い。
日の出の時間も5時の早い方である。

つまりどういうことかというと
4時とか3時とかには
出発して準備をしないとならないということだ。


で、もっというと
それだけ朝が早いと
その日の香盤もてんこ盛りになるわけで
香盤を消化するだけでも
大変な労力と睡魔との闘いを余儀なくされるわけだ。

でも、今回、ちょっと考えた。
夏篇のほとんどは朝と昼と夕方で
夜の部分はほとんどない。
だから、セオリーを崩して・・・

今日は朝が早いから楽にしよー!


8月28日(月)【日の出前…香盤消化せよ】

4時
ホテルロビー集合出発
S#125
全体でもかなり後半に当たるシーンの撮影。

主演二人の言葉ではない
芝居に全てがかかる部分。



映画やドラマにおいて
出演者の芝居の次に芝居をしてくれるのが
同時に撮影される景色である。
空の色、雲の形、山の陰影。
黒澤明の逸話で
雲の形が違うと言って
撮影を延期したということがあるくらい
芝居と同時に重要なものでもある。

が、しかし、役者と違い
景色、天気というのは
知っての通りコントロールが効かない。

ただ、その狙いの景色になることを
祈るか待つかするしかないのである。


で、今回は・・・


撮影が終わった今だから言えることだが
ばっちりの景色が撮影されている。
本当に素晴らしい景色と芝居である。
こういうカットが撮影できると
スタッフ一同、素晴らしい気分にもなる。
早起きは三文の得とは
よく言ったものだ。







12時
ちゃくちゃくと香盤を消化しつつある。
今日は、初日に残にした分も
予定に入れており
早い段階で借金返済を目指した
香盤でもある。

1時間、2時間と
時間は進み・・・




今日は確実に香盤を消化できている。
夕立の気配もない。
実に嬉しい!









予定通り全ての撮影を終え
夕食に公民館に入る。


「監督、○時○分になったら裏へ!」

「○○さん、俺の合図で扉オープンよろしく」



仕事以上に気を使いながら
段取りをする。

何の?

今日は主演の一人である
高木古都の誕生日だからである。


撮影中に誕生日があるのを知っていて
ほったらかしにするつもりはない。
こんな機会もそうそう無いので
でかいケーキと花束でも用意して・・・




「今日は香盤にも書いてありましたが、
 主演のヒロイン、
 高木古都ちゃんの誕生日です!
 ささやかではありますが、
 皆でハッッピーバースデーとか
 歌っちゃいますよ~」




いや~、もう少しうまいことできたかもしれないが
ちょっとバタバタ気味だった・・・


最後に古都ちゃんが泣きでしてくれれば
良かったのにぃ。






「え?9月3日は中野君が誕生日だって?」



うーん。





今日撮影したシーン
S#125、98、1、50、41、42