読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・カチンコ日記2

根無し草男の映像日記

猛禽類の叫び

2005年10月24日

6:00

僕の心は雲の少ない快晴の

今日の空のようにはいかなかった。

出発の遅れ。

初日の朝一発目だというのに!

いや、遅刻した者が出た訳ではない。

実際は5:55にはバスを出発させたのだから…

出発して3分ほどしてのこと

高速入口寸前のとこで制作H君の

『都合良く鳴る電話』が鳴った。

※都合良く鳴る電話の話しはまた今度。

「すいません!

乗せ忘れました…一旦、戻ります」

細かく言うと乗せ忘れではなく

予定していなかった方が突然来ただけなんだが

よりによってのタイミングだった訳だ。

撮影香盤を書く際、

移動時間が45分だったら1時間に

1時間10分なら1時間30分と

少し水増しして書く場合が多い。

そうすることで少しでも仕事が

早く始まった気を持てるし

始まる前からマイている感じがするからだ。

しかし、今日に限っては

キッカリと30分にしていたのである。

1時間30分を2時間にするのと

30分を1時間にするのはかなり違いがあるからだ。

30分で着くのに6:00集合が5:30集合?

キッカリと30分にしとくか!

だが、ちょうどそんな日を狙いすましての打撃だ。

僕は朝から気分が優れない…

こんにちは、助監督 長谷巌一郎です!

子きつねヘレンと愉快な仲間たち

The ShortMovie 撮影日記(1)

始まります!

5本あるShortMovieの初日を飾る撮影は…

南海キャンディーズ』主演

『バー・きたきつね』

すでに2日も前から美術部が

掃除から飾りから使い勝手まで

念入りに作りこんだ特注のバー。

撮影するには多少手狭だが

かなりの好条件な物件である。

17:00/横浜

撮影は予想をはるかに上回るスピードで進んだ。

それは

「自信ないです」

と言っていた『山ちゃん』が

ほとんどの台詞を完璧に記憶していたことが大きい。

そして、後ワンシーンで

その殆どを撮り終えると思った矢先だった…

「え!ライトが点かない?」

「さっきまで点いてたのに!」

「原因が全然わからない!」

「まじかよ!後ワンシーンなのに!」

俺は焦った。

南海さんは忙しい。

今日は18時には現場から

出さないとならないのだ。

恐らく後1時間もあれば

このシーンは撮り終えることができる。

だが…

時計を見る。

17:05。

残り後55分。

ま、まだ間に合う。

照明部さん!なんとかしてくれぇ!

いくら焦っても僕には何にもすることができない。

むしろできることは邪魔くらい。

”出し”を気にする制作部サイドも

慌ただしくなってきた。

「長谷くん、時間、大丈夫だよね?」

「…」

その答えを考える一瞬で

同時に二つのことを考えた。

デッドラインの設定と…

「どこまで引っ張れ(伸ばせ)ますか?」

「え?どういうこと?」

「出し時間は少し甘く設定してます。ギリを出しましょう!

終わったらすぐに車に乗れるように手配をして、

あと現在の道路状況も!」

奥から声がした。

「やるよ~」

どうやら、新規でライティングし直したようだ。

時間は?

17:30

「デッド18:30。

それで間に合うかどうか調べてください!

…こぼれるようなら切ります!」

切るとは強引でも撮影を止め残にするということだ。

監督も心配そうにしている。

恐らく『切られる』ことを覚悟しているだろう。

「やりましょう!芝居テストォォォ!」

長い台詞もあり動きも複雑なシーンだ。

3台のカメラで様々な角度から撮影する。

「カットォォォ!」

「…」

「もう一回」

17:45

なかなかOKが出ない。

粘る

「カット!」

素早く次のラストカットのアングルを考えた。

OKの声は聞こえて来ないが声の調子で想像はつく

行ける!

「チェックします!」

チェックの間に次のカットの話しをカメラマンと相談。

「どんでんだ」

ど、どんでん…

”どんでん”とはカメラ方向が

今までから全く逆に入るということだ。

つまり、今まで機材があった場所が背景になる。

全部バレるということ。

片付けてからでないとアングルが決まらない!

「OK出たらどんでん入るよォォォ!」

時間は!

18:00

読みとしてはギリギリだ

「長谷くん!18:30でいけるから!間に合う!」

「了解!」

間に合う。多分…

滑り込みでこのシーンは埋まる。

出ろ!OK!

「OK!」

「ひっくり返すよォォォ!

どんでーん!こっち側全部バレるから!」

慌ただしく現場がひっくり返る…

18:15までに準備が出来なければ切るつもりだった。

そうせざるを得ないと。

しかし、そんなこと出来る?

何にも出来ない演出部は想像するだけだ。

18:10

準備完了。

ありがたいことに”切る”ことを悩まないで済んだ。

「ほんばーんっ!」

18:25

南海キャンディーズさん!

本日撮影終了です!おつかっしたぁ!」

滑り込んだ…

ギリギリ…

さ、後は実景撮って終わりだ!

やるよーーー!

僕の声と同時に

檻の中のフクロウがバタバタと動いた。

間近で見ると目が怖い・・・

「H君、指入れてごらんよ」

「い、嫌ですよ」

「なんで!」

「な、なんでって・・・」

次回はキングコング主演

『カメラマン梶原雄太50キロ』