読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・カチンコ日記2

根無し草男の映像日記

楽園の中の楽園

バカンス日記

7月2日
残すところ今日を入れて後3日になった。
4日の夜には飛行機に乗り成田へ飛ぶ。
それまで何して遊ぼうか?

で、今日は朝から

『ウォーターボムパーク

ってところにやってきた。

0562875_107←子供用プールの一部

ここは簡単に言うとサマーランドみたいなとこ。
でっかいプールがいくつもあって
ウォータースライダーとか流れるプールとか
大人も子供もウキャーと叫びながら遊べる施設だ。

さっそく 『ウキャー!』

子供用プールの真ん中にでっかい樽があって
一定の時間が経つと中に溜まった水が

『ウキャー!』っと出る。

0562875_111 ウキャー!

これには息子は驚いた。
つーか、怖がってプールに近づかない。
近づいても、すぐに樽がひっくり返って
『ウキャー』だから
息子だって『ウキャー』っと逃げだす始末だ。
怖がりというか、まあ、仕方ないか。
あんなの初めてみるんだからな。
しかし、ここはすっごく広くて楽しいプールが満載だ。
特に流れるプールは最高で
二人用の浮き輪に奥さんと息子を乗せて
プカプカと浮かんでいると
なんかいい気分。
2周しても息子は出たくないと駄々をこねる。
しかしね、大人はもう充分満喫したし
だいたい寒いじゃんかと。
お前は寒くないのかと。
日本語だろうとインドネシア語だろうと
通じてないだろうが言って聞かせる。
すでに黄色い浮き輪を見るだけで

『のんの、のんの!』

と浮き輪に乗るんだ、俺は乗るんだと
人の手を引っ張って離さない。
とはいえ、大人としては腹も減ったし
外の風に当たると寒いしで

もう1周回るのは勘弁してもらいたい。

強引に引っ張り息子を別のプールへ。
噴水があったり、でっかい水鉄砲があったりで
見てるだけでも楽しい。
外人の大人なんかも
樽の水をわざわざ被りに来ているくらい。

まあ、少し息子を陸上で落ち着かせて
大人は昼食の時間
パーク内にはインドネシア料理
屋台みたいな場所もあって
なかなかおいしそう。
ナシチャンプルを食す。

「おー、結構うまい!」
インドネシア料理って
どこで食べても平均点は越えてるな」


と、どことどこの平均で計算しているかは分からんが
とにかく美味だった。
で、ここの良いとこは
子供用のライフジャケットが完備されていて
うちみたいな子供でも
安心してプールに連れていける。

0562875_130←こんなの

しかし、目を離すわけにはいかないので
今日は一日子供用プールですごす。
奥さんと代わりばんこで
ウォータースライダーに乗ったけど
すげー長くて面白い。

「うわー」とか「きゃー」とか言いそうになったけど
グッと堪えて急降下。
次回からのバリの定番になりそうだ・・・

ぐったりと疲れたが
後数回しか夕飯をバリで食べれないので
ヒーヒー言う身体を無理やり動かして
レギャン通りの路地を入ったとこにある

『ポピーズレストラン』に入る。

ガイドブックにも載っているような有名店だが
観光客向けの堕落した店でなく
日本人より欧米人の多い
しっかりしたレストラン。
しかも、色々食べたけど
どれもこれも旨い!

0562875_147←ちなみにこれだけ食って飲み物も飲んで
                20万RP
2300円くらい

店員の方が皆子供に優しくて
いちいち通りかかる度に
声をかけてくれたり
遊んでくれたりする。
ちょうどオーストラリアかアメリカかの
家族連れが来ていて
息子より少し年齢が上だったと思うけど
うちの息子に興味を持ったらしく
近づいてきて一緒に遊ぼうみたいなノリ。

0562875_148←店内は暗くて光量不足

子供どうしに国境は無いことを再確認。
親同士はどうしても言葉に頼ってしまって
たどたどしいったらありゃしない。

ここもバリ島での定番になるな。

さ、明日はどこ行こう、何しよう。