読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・カチンコ日記2

根無し草男の映像日記

狂え!体感温度。狂え!金銭感覚!

バカンス日記

6月29日
もうすでに2日目である。
飛行機の半日が
もうすでに口惜しい。

さて、朝食を食べて向かった先は海
ホテルを出てすぐに海岸に出られるので
散歩がてら歩くことにした。
息子にはすぐにプールへいけるように水着を着せて。
どこかのTVドラマで見たことあるように
息子は波を怖がってて、
波が来る度に逃げ回る。

0563075_25

今回宿泊したホテルは
バリ島随一の繁華街クタの中心部にある

『クタ パラディソ ホテル』だ。

室内はわりとビジネスホテルっぽいが
非常に落ち着いた作りをしており
窓からプールと海が見えて
なんだか良い気分になる。
ロビーではガムラン音楽の生演奏も行われており
(おっさん二人が木琴のような楽器を叩いているだけ)
いつも泊まっているハードロックホテルとは
段違いの静けさとムード。
このホテルに6泊するのだから
こんな雰囲気が多分ベストなのかもしれない。

で、プールはうおーっていうほどは大きくは無くて
非常にこじんまりというか、かわいらしい大きさ。
前出のハードロックのプールなんかは
巨大かつ砂浜まで付いているという豪華盤だから
比べると確かに可愛らしい大きさって感じ。
しかし、不満足かというと、そうでは無くてむしろ落ち着く。
適度な大きさというか、子供用プールにちゃんと日陰があるし、
目を離さないでいられる大きさというかね。
うちの息子なんて、水遊びが大好きだから
プールと見ると走って行ってしまうもんだから・・・
今日も、親の制止を振り切って

走り回る回る。

嬉しすぎて、犬みたいに

その場でも回る回る。

もう、どうしていいのか分からないみたいね。

子供用プールといえども
30㎝くらいの深さはあり
小学生くらいの子供なら、なんのことは無い深さだけど
1歳半にとっては充分に危険になりうる深さ。
日本と違って、プールに常に監視員がいる訳でもないしね。
親が責任を持って監視しないとならない。
つーことで、腕に巻くタイプの浮き輪を付けプールへドボン。
多少邪魔そうにしているが

「キャー!」

”嬉しさのあまり叫んでしまいました”って
息子が喋れたら絶対言うってくらい喜んでいる。
が、この腕に巻くタイプの浮き輪には
予期しない弱点があった。
確かに、溺れる可能性は低くなるし
動き回る範囲への影響も少ない。
だが、息子は上半身が自由なことをいいことに

プールの水を、喉の渇きを潤すために使ってしまう。

これは非常にやばい。
いや、死ぬわけじゃないが、
やはり、ここは海外であり、バリ島だ。
『バリ腹』という言葉があるくらい
お腹がゆるくなる土地柄。
プールの水なんか飲んだら
ほぼ確実にゆるゆるになるだろう。

だから、その分、息子から過剰に目が離せない。
すっごい疲れる。
はしゃぎまわるもんだから、
息子もすぐに喉が乾く。
だから、すぐに目の前にある水を飲みたくなる。
そうはさせじと、親が顎に手を持っていき

飲むのを阻止!

そして、ミネラルウォーターをやる。
もう、15分で嫌になるくらい疲れてしまう。
いっそのこと、飲ませてしまうか?って考える。
だけど、やっぱりすごいね母親ってやつは、
すぐに、そんな空気を察してか
クタスクエアにあるマタハリデパート』に行って
(LOVE ASIA日記を読んだ方ならわかると思いますが
マタハリ=太陽で、つまりは『デパート太陽』って名前)
乗車タイプの浮き輪を買ってきたんだから。
乗車タイプってのは、文章で説明すると面倒だけど
要するに通常の浮き輪を想像してみて、
真ん中の丸いところあるでしょ
そこが、下に落ちないようになっているの。
浮き輪の穴の部分に足を出す二つの穴が開いているって訳。

分かるかな?

0563075_29.
.
.
.
.
こんな感じね↑
で、その浮き輪に乗せたら、もう、かなり楽。
どうあがいても、顔が水面に付くことは無いし
腕に巻くタイプと違って、溺れる心配も少ない。
ひっくり返らないように気をつけていれば
安心この上ない。
息子も安定した安心感からか
明らかに目の色が変わったし。
こんなに楽しい顔を見られるなんて
親としてもかなり嬉しい。
連れてきたかいがあったってもんだ。

だけど、プールから出すのが一苦労・・・
あんまりにも楽しいもんだから
出たくなくなってしまい
出す度に大泣きして、暴れる始末。
夕方近くになって、だいぶ涼しくなり
プールから出ると少し寒いなんて感じるのに

「イヤッ!ヤヤッ!」

と駄々をこねまくり。
だからと言ってほっぽっておくと
旅先で風邪を引くなんて
恐ろしい事態に直面してしまうから
強引にでも引き上げる。

「まだまだ、あるから!プールは逃げないから!」

いや、言って通じているかどうかなんて知らない。
でも、言っておかないとね。

で、親の一番の楽しみでもある食事の時間だ。
夕食は空港の近くまでタクシーで行き
近くのナイトマーケットに行った。
(後で知ったのだが、
パンフに載っていたナイトマーケットでなく
全く違う場所に行ったらしかった)
雰囲気は新橋のガード下の立ち飲み屋っていうか
悪く言うと汚らしい印象。
でも、料理の味はおいしいし、
よく見ると綺麗に掃除してあるし、片付いてもいた。
ここで、『ナシゴーレン』と『ミーゴーレン』などを食べる。

0563075_48

ちなみに、料金だが
タクシー代金がおよそ20分ほど乗って4200RP
マーケットで食べた料理が全3品と水2本で27000RP
1円=87RPくらい。
つまり、
タクシーが50円
くらいで
夕食が310円くらいなんだな。

素敵でしょ。

明日は何しよっかなー
あ、そうそう、LOVE ASIAでお世話になった
コーディネーターに電話してみよーっと。