読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・カチンコ日記2

根無し草男の映像日記

ひと時の休息

映「最後の晩餐」撮影日記

6月17日

昨日の撮影は結局4時頃まで続き

スタッフ・俳優部はもう体力の限界に近い状態であった。

僕は香盤を変更して

9:00集合だったところを11:00にした。

それでも遅刻者多数

前日のバラシが間に合わない部署もあったほどだ。

 

 

 

 

「本当に申し訳ない」

演出部の段取りの悪さも一つの原因である

どんな予算であれ、

どんなスケジュールであれ、

僕はチーフとして香盤を作成した以上

香盤の実現に最大限の努力を払わなければならない

しかし、結果はこうだ。

反省しなければならない。

そんな遅刻者が多数出た現場。

今回の映画の中で数少ないロケ

今日は8日間の全撮影行程の中で

一番楽な香盤を組んでいたのだ

目標は17時終了

 

 

 

僕らは新橋のある公園に集合し

主人公の回想シーンを撮影する。

エキストラも数人登場するので

段取りしながら、エキストラの芝居もつけていく。

と、僕ばかり楽しいのは申し訳ないので

セカンド助監督 飛田にワンカットだけ

エキストラの動きを任せてみる。

 

 

 

「うーん。まあまあだね」

「はい、すいません」

 

 

 

飛田はなかなか憎めない奴で

まじめに働く好青年って感じだ

どちらかというと、僕とは真逆の雰囲気。

 

 

「がんばれ飛田」

 

 

全工程の中で一番楽にしただけあって

現場もサクサクと進んでいく。

14:00に香盤通り六本木に入り

17:00には終了。

皆さん、充分にお休みください。

さあ、明日は湘南へ飛ぶ!

※まめ知識

  助監督の役割

  基本的にチーフがスケジュールを担当。

  セカンドは衣装・メイク。

  サードは小道具。

  フォースは雑用全般。

  よく、この順番は偉い偉くないの順番と

  同意にとられることが多いし、

  その通りだとする考え方が主流だが

  僕は単純に担当する部門の差としか考えてない。

  『演出部』を名乗る以上は全ての

  演出部は『演出する心』を持って欲しいと思っている。

  全て聞く前に『まず考えろ』と言うことを心がけている。

本日撮影したシーン

S#14/43/96/24