読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・カチンコ日記2

根無し草男の映像日記

超大物俳優現る!

映「最後の晩餐」撮影日記

6月16日

今日は劇中で最大の見せ場の一つである

大物俳優どうしのぶつかり合いがある。

これは映画の中でも最大の見ものであり、

これを読んだらすぐに忘れることを願うばかりだ。

少しでも知ってしまったら、面白みが欠けてしまう。

すぐに忘れなさい!

通しの芝居テストを見ただけで震えがくる。

「やっぱすげー」

絵になるというのこういうことを言うのだと思う。

全容は詳しく明かせないが

是非このシーンだけはお見逃しないようにと願う。

さて、という訳でこのシーンに

充分な時間を取って撮影するために出した

僕の想定香盤では

お昼までに5ページを撮影しないとならない計算が出た。

ほぼ6時間で5ページ。

1時間で約1ページ。

え?

どうなのそれって?

×  ×  ×  ×  ×  ×

フードコーディネーターの安部さんの

仕切りは凄まじく

演出部のそれとは大違いで素晴らしい。

内容が内容だけに

せっかくおいしそうに作ってもらった料理も

やばい感じに写るようにさせてもらう。

ごめんね、安部さん!

昨日の『特殊メイク』大会とは打って変わっての

『料理』大会の今日。

撮影現場はおいしそうな匂いに包まれています。

どれもこれもおいしそうで・・・

でも、我ら演出部には食べる暇さえ無い訳で・・・

あー、腹が減っても戦をさせられる。

※まめ知識

  撮影には○○コーディネーターという方がよく現れる。

  今回はフードコーディネーターだが、

  病気物などには医療コーディネーターとか

  法廷物んは法律アドバイザーとかね。

  つまり、我々は映画という『嘘』を作るうえで

  最低限の『嘘』にとどめておきたいという気持ちがある。

  『リアル』と『リアリティ』の違いなのだ。

  『リアル』を知らないと『リアリティ』は描けないのだ。

本日撮影したシーン

S#54/63/63A/63B/63C/63D/63E/57/45/49/50/52

S#30/41/72/73/117/118

残S#26/64/89