読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・カチンコ日記2

根無し草男の映像日記

本家・カチンコ日記 第231回~第243回

本家・カチンコ日記第201回~第300回

先日惜しまれつつ閉鎖してしまった。

演劇ブック主催サイト

アータウン内の映像サイト『モータウン』にて連載されていた日記

「長谷巌一郎のカチンコ日記=本家カチンコ日記」を転載しています。

各日記には楽しい写真が載っていましたが

サーバー容量の関係上割愛させていただきました。

では、どーぞ!

第231回

長い長い夜(4)

2003年07月10日

8日の夜に東京に帰って10日と11日に打ち合わせが入っていた。

「じゃあ、9日の深夜と10日の深夜は空いてるよね。撮影なんだけど」

「はぁ?」

どこの世界にそんな考えを持つ人がいる?

はい。この業界です!

 * * *

というわけで眠い。

電車も乗り越した。

もう同じとこを2回行き過ぎた。

はぁ。

全く寝てないのにこれからまた徹夜撮影である。

あ~恐ろしく眠い。

そんな長谷巌一郎を応援よろしく。

村本さん。九州に差し入れよろしく。

しかし眠いのは別の仕事のせい。

第232回

長い長い夜(5)

2003年07月12日

クランクインまでもう幾日もない。

まだまだ決定していないことや、棚上げになっていることが山積みである。

資料や香盤表をいくら作っても不安感は拭えない。

紙ペラが沢山になったところでなんの解決にもならない。

あまりにも不安で思わず村本さんに愚痴を言ってしまった。

「いくら資料を作っても不安です。うまく行くのかわかりません」

「最後までそうだといいですね。初めてで予定調和はあり得ないから」

ありがとうございました!

このまま突き進んでいきます。

そうですよね。

初めからわかっている訳ないですものね。

判っていることを進めていくだけなんてつまらないですもんね。

「沢山弱音を吐き、胃液も吐いてください。僕は胃液を吐いたことのない奴は信用しません」

吐きますとも!

吐いて吐いて吐きまくって、最後には楽しい現場だったと言ってみますとも!

CMの現場ばかりであまり映画を経験していない僕を

英断でチーフ助監督に指名してくれた監督のためにも

僕を推薦してくれた制作部のためにも

快く応援してくれる村本さんや掲示板の皆様のためにも

いつも日記で偉そうなことを言っているので

それの負けないように死力を尽くしてがんばります。

こんな風に先に心意気を言っておけば

後で言い訳できないですよね。

言い訳はしません。

長谷巌一郎がんばります!

(応援メールが意外にないことがショック)

第233回

長い長い夜(6)

2003年07月14日

明日からまた九州へ行く。

地元の方々の現場ボランティアやエキストラ参加の説明。

また九州の俳優部の衣裳合わせもある。

僕はノートPCしか持っていないのだが

今回のように自宅から離れてしまうと役立たない装備なのが痛い

どこがモバイルなんだ?モバイルってなに?モバイルって何語?

つうことで本気でH゛を導入しようかと思う。

高いのかしら?

つうか新しいPCも欲しいしなぁ。

バイオのZがいいなぁと…

軽いみたいだし、

恰好いいし、

DVD見られるし…

欲しいなぁ。

第234回

長い長い夜(7)

2003年07月18日

忙しい。

あまりにも忙しくて現実逃避に日記を書く。

ほぼ毎日朝方まで香盤や資料を作っているし

(夜中まで雑談しているせいもあるが)

ほぼ毎日地元の奥さんの作ってくれるうまい朝食を食べているし

(いつも寝坊して朝食時間には遅刻ぎみ)

ほぼ毎日撮影を不安に思う。

(いや、まじで)

やっと!というかなんと!というか

なにーぃ!というか

やっぱり!というか

セカンド助監督を太田くんやってもらうことになった。

映画学校時代からの友人である太田くんは

映画雑学王でもあり

よく顔は覚えてるが名前の知らない俳優など

メールで聞くと教えてくれるのだ。

先日も「チャーリーズ・エンジェル』に出ていた

悪役がどうもみたことがあるなぁとメールしたら

「そう、クリスピン・グローバー。『バック・トゥ・ザ・フュ-チャー』のお父さん役」

と即座に返信が。

さすが!

と、いうことでセカンド助監督は太田くんにきまり!

がんばって太田くん!

みなさん。そんな太田くんに応援メールかこの役者の名前はなに?

とどしどしメールください!

じゃ。

第235回

長い長い夜(8)

2003年07月20日

ある歌のフレーズに

「僕の人生の今は何章目くらいだろう」

というのがある。

多分、今回の仕事は第一章の終わりぐらいなのではないかなと思う。

今、猛烈に悩んでいる

今、猛烈に不安でいる

今、猛烈に楽しんでいる

何が正解で何が不正解なのか?

まるでわからない。

胃液は吐かないけど

歯磨きすると鳴咽する。

寝てないのに眠くなかったりする。

心配事はきりがなく

安心材料は乏しい。

自分が弱いことを思い知り

今までの経験では歯が立たない状況の壁。

苦しく楽しいその壁は常に俺に追い込みをかけてくる

と久しぶりに弱気な俺だ。

強気で行こう、俺。

俺が映画でも通用することを証明せい!

段取り屋じゃない

サクサク進めようなんて思わない

俺が関わった証を刻んでやれ

精神状態の芳しくない俺だが

がんばるぞ!

楽はしないぞさせないぞ!

あああああああ!

誰か誉めてくれ俺を!

誰か俺に精神安定剤を!

第236回

長い長い夜(9)

2003年07月21日

「しまったぁぁぁぁぁ!」

「飛行機乗り遅れたぁ!」

「わー!わー!わー!」

とうとうやっちまった。

駄目な俺…

もう、こうなったら…

遥かなる東京。

麗しの東京。

幻の東京。

 * * *

2003年07月23日

昨日今日と衣裳合わせをした。

衣裳合わせは映画の内容の片鱗が見える

大変に楽しい作業である。

また、実際に俳優部に会うことで意見の交換が行われ更に台本が変わったりもする。

つまりここを外すとついていけなくなる場合が多い。

が、僕は一人裏でMgさんとスケジュールの確認…

あー

第237回

長い長い夜(10)

2003年07月25日

仕事してたらもう朝の5時だった。

出なくてはならない

羽田に、福岡に、新宮に、

およそ3日間東京に滞在しすぐにまた福岡へ…

今月は(来月もだが)東京より福岡にいるほうが多い。

3.2Kgもある重いPCを片手に今日も飛ぶ!

晴れろ九州!

晴れろ福岡!

晴れろ新宮!

晴れろ相島!

失せろ台風!

さあ皆さん!

九州方面に向かって祈ってください。

晴れろ!と。

晴れやがれ!と。

そしてほんの少しだけ

「がんばれ長谷巌一郎」って…

     …言ってね。

第238回

長い長い夜(11)

2003年07月27日

映画という船を建造し港から出港させ

目的地までの長い長い航海を乗り切る作戦を練る。

建造中の船は常に問題を抱え作ったそばから穴が開く。

制作部と演出部は船を建造しながら穴の修復を同時にしていく。

小さな穴は航海の途中で転覆を引き起こす穴にもなる。

もしそんな穴が見つかったなら早急に埋めなければならない。

埋まらなければ中止だ。航海は中止だ。

知っての通り俺は一度準備中に中止を喰らっている。

あんな思いは二度としたくない。

必ずこの船を出港させ航海を無事に乗り切り最高の船旅にしてやる。

今日、一つでかい穴が埋まった。

まだ穴はあるだろう

が!埋める!

   埋まる!

がんばれ雑学王!

クランクインまで

         …後9日

第239回

長い長い夜(12)

2003年07月28日

いきなり準備が佳境に入った感じがする。

エキストラの協力や俳優部、スタッフなどへの連絡などばたばたとやることが多い。

8:00  宿舎にて朝食

8:30  エキストラ関係書類作成

10:00 監督新宮入り~今までの報告

12:00 昼食/定食屋「ひろ」にて(おでんが最高にうまい!)

12:30 海上撮影プラン作成(今がこの時間です。。。って、作成してないじゃ

ん!)

14:00 子役芝居稽古

17:00 エキストラ協力先へTEL~内容しだいで撮影プラン変更

18:00 日割り香盤訂正~関係各所打ち合わせ

19:00 夕食

19:30 衣装/小道具書類作成/指示書作成

20:30 打ち合わせ

21:30 スケジュール確認/電話連絡系

と、現状はこんな感じだ。

まあ、だいたいこんな毎日のはずなのだが寝るのは4時か5時だったりする。

こんなスケジュールで書類が完成できることがないから。

「千年火」HPでプロデューサーが

一日のハードスケジュールを公開してたので

僕も負けじと公開です。

負けてる?

俺、楽してる?

してない、してない。

さて、連日、毎時間、毎分、毎秒、変化のある準備段階だが

いよいよラストスパートが近い。

明日最後のキャストも決まるし、衣装合わせも東京と九州で同時開催するし、

エキストラ総勢100人ぐらいの前で講習会しないとだし、

ぼちぼち乗り込んでくるスタッフから連絡が入ることだし、

海上撮影コーディネーターと安全策の検討もしないとだし、

しっちゃかめっちゃかだ。

そうそう、現地で有望な男子を採用しました。

名前は藤井くん。

サード助監督での採用!

理不尽で横暴なチーフの下で精一杯がんばってください。

でも、昨日藤井くんのお母さんが来て夕食を作ってくれましたよ。

とてもおいしかったです。

ありがとう。

もうこれで合格!

じゃ。

第240回

長い長い夜(13)

2003年07月29日

チーフ助監督ってこんなに忙しいの!

って言うくらい忙しい。

第241回

長い長い夜(14)

2003年08月01日

8月になってしまった。

INは目前に迫り

UPは漠然と遠い。

あ!

今、トイレに入ってるのに太田くんに電気消された!

第242回

長い長い夜(15)

2003年08月02日

ご存知の通り九州は博多、新宮町というとこにいる。

新宮町は風光明媚なところで

山あり谷あり海あり島ありでとてつもなく広い。

映画の中で余すことなくロケができれば良いのだが

そういう訳もいかず辛いとこでもある。

7月頭から準備を進めているが、

まだなかなか理解できないことがある。

それは言葉。

日本は実に多様な言葉を持つ国だと思う。

大阪などの近畿の言葉は割とメジャーに使われているが、

僕の中で九州の言葉はマイナーである。

「そうくさ、それはくさ」

「ばってん…」

「なかろーもん」

まあ、解るっちゃあ解るが…

 * * *

2003年08月02日

いよいよ明日!

クランクイン!

第243回

お疲れ!

2003年09月01日

一ヶ月に渡る撮影が終わった。

廃人となった僕は一人羽田に降り立った。

朝一の便で…

なぜ朝一?

そう、今日から別の仕事が始まるからだ。

死ぬまで働いてやろーじゃねーか!

※次回予告

映画『千年火』撮影日記。

「8月5日(火)灼熱のアスファルト